The Magnificent Seven (1960) : 荒野の7人

『荒野の七人』(こうやのしちにん、原題: The Magnificent Seven)は、1960年のアメリカ合衆国の映画。西部劇映画の巨匠、ジョン・スタージェス監督。 黒澤明監督の日本映画『七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して描いたリメイク映画である。 318

The Sting (1973) / スティング

『スティング』(The Sting)は、1973年公開のアメリカ映画。監督はジョージ・ロイ・ヒル。 アメリカン・ニューシネマの代表作『明日に向って撃て!』で共演したポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再共演を果たし大ヒットした。  ・ The Sting (1973) / スティング のまとめページ

The Hustler (1961) / ハスラー

『ハスラー』(原題: The Hustler)は、1961年製作のアメリカ映画。ロバート・ロッセン監督作品。ポール・ニューマン演じる若きハスラー(ギャンブルで相手を騙して金を巻き上げる勝負師の意)と、伝説的なビリヤードプレイヤーとの対決を描く。 硬派な映画を追求したロバート・ロッセン監督の晩年の代表作。

Roman Holiday (1953) / ローマの休日

『ローマの休日』(ローマのきゅうじつ、原題:英: Roman Holiday)は、1953年製作のアメリカ映画。 王女(オードリー・ヘプバーン)と新聞記者(グレゴリー・ペック)との切ない1日の恋を描いている。監督は名匠ウィリアム・ワイラー。トレビの泉や真実の口など、永遠の都・ローマの名だたる観光スポットを登場させていることでも有名である。 1953年度のアカデミー賞において、主役の新人オードリー・ヘプバーンがアカデミー最優秀主演女優賞を、脚本のイアン・マクレラン・ハンターが最優秀原案賞を、衣裳のイーディス・ヘッドが最優秀衣裳デザイン賞をそれぞれ受賞した。 ローマの休日のまとめページ: Roman Holiday (1953) / ローマの休日

Psycho (1960) / サイコ

『サイコ』(Psycho)は、1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。 アルフレッド・ヒッチコック監督によるサイコ・ホラー系のサスペンス映画で、全編がモノクロ映像である。音楽はバーナード・ハーマン。ヒッチコック監督の前作『北北西に進路を取れ』に引き続き、タイトルデザインをソウル・バスが担当。脚本はジョセフ・ステファノ、作家ロバート・ブロックがエド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆した小説『サイコ』が原作。 出演は、アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー。 サイコのまとめサイト: Psycho (1960) / サイコ

The Seven Year Itch (1955) / 七年目の浮気

『七年目の浮気』(しちねんめのうわき、原題: The Seven Year Itch)は1955年のアメリカ合衆国の映画である。ビリー・ワイルダー監督。20世紀フォックス製作。 ジョージ・アクセルロッドの同名ブロードウェイ舞台劇をアクセルロッド自らの脚色(ビリー・ワイルダーとの共同脚本)で映画化。マリリン・モンローが地下鉄の通気口に立ち、白いスカートがふわりと浮き上がるシーンは映画史上に残る有名なシーン。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番も有名。 主演のトム・イーウェルは1956年ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。米国においてはパブリックドメインとなった. 七年目の浮気のまとめページ: The Seven Year Itch (1955) / 七年目の浮気